プライム・ナウはアマゾンのチャン社長が「早期に全国展開したい」と意気込むサービス(撮影:尾形文繁)

「1時間便、オーダー入りました!」 注文が入ると倉庫内にベルの音が鳴り響き、それと同時にスタッフが大声で連絡。即座に商品のピッキングなど、配送に向けた作業が始まる。アマゾンが11月に始めた「プライム・ナウ」は、最短で1時間以内に商品を受け取れる高速配送サービスだ。

即日配送の次は即時配送へ。ネット通販(EC)の高速化は、とどまるところを知らず、なお加速し続けている。

東京・世田谷区の住宅街の一角。最寄り駅から徒歩数分の距離に、プライム・ナウの拠点である3階建ての倉庫が建つ。この倉庫で扱う商品数は食品や日用品、おもちゃ、書籍など約1万8000点だ。11月に新宿区や大田区などの都内8区でサービスが始まり、12月には多摩川を挟んで隣接する川崎市北部にも対象地域を広げている。

アマゾンがプライム・ナウを投入するのは、米、英、イタリアに続き、日本が4カ国目だ。2014年12月に米ニューヨークのマンハッタンでサービスを開始。都市圏のサービスとして、今や東京も含め25都市で展開している。