巨大定住型高齢者施設と地方再生、ウィン・ウィンのビジネスモデルで読ませ、映像化もされた『プラチナタウン』から7年。その続編は、高齢者の楽園を離れ、人口減少時代への対策を早急に確保すべしという、問題提起で始まった。

和僑
和僑(祥伝社/315ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

──好評だった『プラチナタウン』ネタではなく、20年後の衰退を危ぶむ話に先を急いだのはなぜですか? 

日本に対する強い危機感です。財政、国際的緊張、いろいろある中で、絶対に避けられないのが人口減少問題。日本の合計特殊出生率は1.42、高齢者人口も10年20年先には減少に転じ、人口減少がより深刻化する。怖いのは市場が縮むことです。GDPの6割を占める内需が縮小したら、日本はどう経済規模を維持できるのか。高齢化社会が来るぞ、というところで話が止まっていて、今日のこの日が明日も続くとみんな思ってる。でも続かないんです。

──人手不足に焦点が当たっている介護市場も、2035年にはピークアウトするといわれてますね。