TPPで史上最大の食農開放が始まる

日本の食激変を全解明!

太平洋をぐるりと囲む12カ国。その国々で、ついに巨大な統一経済圏が動きだす。

5年半の交渉を経て大筋合意へとこぎ着けたTPP(環太平洋経済連携協定)。日本、米国、カナダ、オーストラリア、ベトナムなど、交渉国のGDP(国内総生産)合計は3500兆円と世界の約4割をなす。日本では輸入する全9018品目のうち95.1%の関税が取り払われる。過去にも大胆な貿易自由化はあったが、これほどたくさんの国を相手に大幅な市場開放に乗り出すケースは歴史上一度もない。日本人の暮らしがガラリと変わるといっても過言ではない。

世論は今のところ好意的だ。大筋合意後に全国紙が行った世論調査によると、読売新聞では59%がTPPを評価、朝日新聞では58%がTPPに賛成と答えている。

日本の消費者は輸入品が今よりも安く買え、家計が楽になるのではないかと期待しているようだ。

[図1]
拡大する

確かに、牛肉では38.5%かかっていた関税が、TPP発効後16年目には9%に下がる。豚肉も「関税率はゼロに等しい水準まで下がる」(業界関係者)。