7~9月期の実質GDP(国内総生産)成長率(1次速報)は前期比マイナス0.2%で2期連続のマイナス成長となった(図1)。先行きの見通しはどうだろうか。

[図1]
拡大する

消費は4~6月期に前期比マイナス0.6%と落ち込んだ後、7~9月期には同プラス0.5%と持ち直した。だが、落ち込み分を埋めることはできず、脆弱だ。ニッセイ基礎研究所の斎藤太郎経済調査室長は「消費増税前の駆け込み需要が本格化する2014年4月以前の水準を大きく下回ったまま。本格回復には程遠い」と話す。