力強い雇用情勢を受けてFRB(米国連邦準備制度理事会)は12月の利上げ実施に傾いたようだ。失業率は5%まで低下し、完全雇用の状況に近いとの認識がコンセンサスとなっている。加えて賃金上昇が明確になった…