建て替え前の「ビレッタ朝日」。強制的な耐震診断が建て替えのきっかけとなった

東京都墨田区に立つ東京スカイツリー。その近くにある10階建てのマンションが2017年に生まれ変わる。

「ビレッタ朝日」(写真)の建て替えは、前を走る水戸街道が都の緊急輸送道路の指定を受けたことがきっかけだった。指定道路に面する建物は、耐震診断が義務化される。結果は「倒壊の危険性が高い」。約1年半の議論の末、所有者全員の合意で建て替えを決議した。

表1のように、建て替え後は周辺5戸との一体開発で、延べ床面積がほぼ倍になる。増えた床はデベロッパーを通じて売却されるため、その分、住民負担は軽い。それでも、1戸当たり平均で約1000万円の“持ち出し”になる。建て替え期間中、約2年間の仮住まいも負担だ。

[表1]
拡大する

建て替え予備軍は急増

同マンションは今春から解体工事が始まったが、直前に賃借での入居者が立ち退きに応じず、訴訟を起こす場面もあった。管理組合理事長の八木秀夫さんは「最後は経済条件が合うかどうか。住民の合意を実現できてホッとしている」と語る。