杭問題に揺れるマンション業界。内実はどうなっているのか。業界に詳しい4人に、その知られざる世界を語ってもらった。

旧耐震基準のほうが杭よりよっぽど危ない

──杭問題をどう見ていますか。

A 不動産業界には当然逆風だね。マンションを購入する層の若い夫婦はそれほど気にしていないが、親が反対するケースが出始めた。最近は親からの資金援助を受けてマンションを購入することが多いから、「しばらく様子を見よう」ということになりかねない。

B そもそもマンション建築に携わっている人間なら、横浜の地盤が難しいことはよく知られていることだよね。山側の地盤は固いけど、東海道を越えると、急に緩くなる。

東京の霞が関や西新宿に高層ビルが多いのは地盤がいいから。掘れば掘るほど固い地盤が出る。超高層化が始まった頃の初期のビルなら、杭を打たずに、いわゆるベタ基礎のケースもあるんじゃない。

C 本当は杭を打つ必要のないマンションがベスト。地盤がよければ、10階建てなら杭なしで建てられる。杭を打つと坪当たり10万~20万円のコストアップになり、その分は、最終的に購入者が負担する。