「品質にはほかのデベロッパー以上にこだわってきた。他社とは違うという意識は強烈にありますよ」 

三井不動産レジデンシャル(以下、三井)の関係者はそう語る。

今回、一連の問題の発端となったパークシティLaLa横浜。問題の発覚後、販売元の三井は全棟建て替えをいち早く表明した。約700戸の全戸の引っ越し費用、1戸当たり300万円の慰謝料も負担する。競合他社から「補償として手厚すぎる」(大手販売会社)という声もある中での“即断”には、「三井のブランドを維持する」という強烈な自負心がある。

ブランドにこだわる三井 全棟建て替えの理由

総合デベロッパーとしての三井不動産グループの実力は業界屈指。が、マンションだけを取り出せば、決して特別な存在ではない。