シンギュラリティ後の世界は、明るい未来なのか(AP/アフロ)

「皆さん、シンギュラリティをご存じですか」。10月下旬、ソフトバンクアカデミアに集まった若者たちに向けて、ソフトバンクグループの孫正義社長がこう問いかけた。会場の約7割が手を挙げると、孫社長は「おお、さすがはアカデミア」と絶賛。「ほかの講演会だと手を挙げるのは1~2%、IT系の同業者でも5~10%くらい。街を歩いている人に同じ質問をしたらおそらく1%未満」(孫社長)。

このように日本ではまだほとんどなじみがないが、シリコンバレーの起業家やベンチャーキャピタリストが今、最も熱い視線を送っているのが「シンギュラリティ」だ。