東芝はWHの減損を織り込んでいない[写真]「東芝の社員の給料は800万円台。年金も多い。プライドが高く、とても下げられない」(細野氏)(撮影:尾形文繁)

「米ウエスチングハウス(WH)の減損は、当社の連結財務諸表に影響を及ぼすものではありません」 

11月17日。東芝は、原子力事業子会社WHが2012年度に約762億円、13年度に約394億円、計約1156億円というのれん減損を計上し、赤字に陥っていたことを明らかにした。

約6000億円で東芝がWHを買ったのは06年。米国会計基準にのっとり、買収時に見積もったのれんを減損せず、不適切会計発覚後も、「原子力事業全体では燃料やメンテを軸に好調」と説明してきた。今回の減損もWH単体にとどめ、連結決算に反映する必要はないとする。その会計方針は妥当なのか、会計評論家の細野祐二氏に聞いた。

──WHののれんの減損が今になって公表されたが。

東芝としては、WHが転んでも、原子力事業全体が転ぶことにはならない、と言っている。だが、なぜWHの減損が親会社の連結決算から抜けてしまうのか、これはおかしい。子会社の事実を修正仕分けで消したわけだ。