シリア国内では内戦状態が続いている。アサド政権側に攻撃されて逃げ惑う人々(ロイター/アフロ)

「アラブ世界は独裁者でないと治められない」という通念がかつてあった。しかし、2011年の「アラブの春」で強権支配の恐怖のよろいが剥ぎ取られると、「アラブ世界は独裁者でも治められない」場所になる。

シリアのアサド政権は国土全体の支配を放棄。宗派やコネクション、階層でまとまり、反対勢力への大規模な空爆や砲撃を繰り返して、生き延びる戦略しかなかった。反政府抗議行動への軍事的攻撃が繰り返されるうち、反政府抗議行動側も武装化していく。中央政府の統治が弱体化するのに応じて、覆い隠されていた宗派や民族への帰属意識が表面化。人々は血縁や出自に基づく紐帯に頼り、身の安全を確保し、宗派・民族単位の民兵集団化が進んだ。