日本を代表するリベラリストであった石橋湛山について、中国文学者の竹内好が「自由主義者にしてアジア主義者」という希有な例だとして評価したことはよく知られている。ここでいう「アジア主義」とは、石橋が戦前…