『リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください』(毎日新聞出版)という長いタイトルの本が話題だ。正義論の立場からリベラリズムを論じ、日本のリベラル(派)の偽善性を説く。著者の井上…