日本銀行は、追加緩和を行うことなく現在の金融政策を維持し続ける可能性が高い。市場では追加緩和への期待が浮上したり、後退したりするだろうが、日銀の金融政策は日本の国債金利や円相場の大きな変動要因になり…