決算シーズンが佳境を迎えている。現在、中国に代表される新興国経済の停滞感、米国の利上げ時期をめぐる憶測など、影響が一国にとどまらない課題に市場の関心が集中しがちであるが、気を取り直して、企業決算のポイントを見てみよう。

まず、2015年度第2四半期の業績から。ラッセル野村ラージキャップ指数(大型株中心、除く金融)ベースの予想経常増益率はマイナス6.3%と減益になっている。第1四半期実績は30.2%増益であったので、見た目は急ブレーキがかかる予想だ。

あらためて言うまでもないが、この予想は保守的だ。7~8月に発表された第1四半期の業績が非常に好調な結果で、本来であれば上期予想や通期予想を上方修正すべきところ、将来の不透明さなどを理由に十分に上方修正が進まなかったことが、不自然な予想の背景にあろう。15年度第2四半期は、生産こそ停滞ぎみであったものの、ドル円レートは前年比で18円のドル高円安、原油価格も同52%下落しており、収益面では条件がよい。結果的に増益で着地できる可能性は極めて高い。