フォルクスワーゲン(VW)による排ガス不正問題は、エコカーの主役の一つ、ディーゼル車に大きなダメージを与えた。ハイブリッド車(HV)から電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)まで、排ガス不正後の世界において、本命の座に就くエコカーはどのタイプなのだろうか。

5年程度という時間軸で見ると、当面伸びしろが大きいのは、わずかなコスト増で燃費を向上できるガソリン直噴ターボだ(図表1)。特に、排気量を小さくしたダウンサイジングターボが有力だとみられている。

[図表1]
拡大する

このダウンサイジングターボで先んじたのがVWで、現在でも一日の長がある。だが、同じドイツのBMWやダイムラー(ブランド名はメルセデス・ベンツ)、伊フィアットなどが猛追。HVを優先してこの流れに乗り遅れた日系メーカーも商品群を拡充しており、先行するVWも安閑とはしていられない。