2年前、2013年9月24日。この日、半導体製造装置メーカー、東京エレクトロンの記者会見は産業界に強い衝撃を与えた。

「真の国際企業となり、技術革新をどんどん成し遂げたい」。世界3位の半導体製造装置メーカーを率いる社長の東哲郎はそう宣言した。会社の歴史を塗り替える大舞台に同席した相手は、世界トップメーカー・米アプライドマテリアルズCEO(最高経営責任者)のゲイリー・ディッカーソンだ。

世界でトップを争うメーカー同士の大型統合である。単純合算した売上高は1兆3000億円で、市場シェアは25%に達する(当時)。業界に圧倒的な支配力を誇る企業が突如として誕生する。業界アナリストも驚愕した。「まったく予想していなかった。まさかこんなことが起こりうるなんて」。

難航極める審査 最後は不穏な空気に

その10カ月後、14年7月に発表した統合後の新会社名は「Eteris」(エタリス)である。由来は「Eternal innovation for society」。新会社の原動力となる精神を具体化し、経営統合の独自性を象徴するものだった。

アプライドと東エレクがオランダに持ち株会社を設立し、そこに事業会社である両社がぶら下がる。持ち株会社の株式保有の内訳はアプライドの株主が68%を握るため、アプライドによる東エレクの買収にも見える。だが、東が新会社の取締役会長、ディッカーソンがCEOに就任し、その他の取締役も両社から5名ずつ選任するなど、「あくまで対等な合併」(東)という精神が貫かれた。

各国で独占禁止法に基づく審査を受けるが、両社の製品構成に大きな重複は見られなかったため、障害は少ないと思われた。14年後半には統合が完了する見込みだった。