日本では「グローバル化対応」が政策を導く基本認識となっている。教育でも「スーパーグローバル大学」(文部科学省が37大学を選定)から小学校での英語必修まで、実態の冷静な検証もないまま、性急に改革が行わ…