「わが家は年収○○○万円なのですが、いくらまで幼児教育に使っていいですか」。そんな相談を受けることがある。親として、幼児期の教育にはおカネをかけたくなるものだ。親にとって子どもはみな“天才”に見える…