日本銀行による追加緩和期待が高まっている。世界経済鈍化の影響もあって、7~9月期の実質GDP(国内総生産)成長率がマイナスとなり、2四半期連続のマイナス成長の可能性が高まっていることや、企業のインフ…