ダイバーシティがブームになっている。その本質や是非に関する議論を封じる空気が漂う一方で、数値目標だけが独り歩きする現状に、私は危惧の念を禁じえない。水を差すようで恐縮だが、ここではあえて異論を唱えて…