年内利上げの意思を見せるイエレンFRB議長。米国が利上げできないと日銀の黒田総裁は追い詰められる(写真:AP/アフロ)

FRB(米国連邦準備制度理事会)は、9月17日のFOMC(米国連邦公開市場委員会)での利上げを見送った。が、金融市場では、このことがハト派的に解釈されすぎている。市場関係者の一部からは「年内どころか来年になっても利上げをしないのではないか。永遠にゼロ金利政策が続くのではないか」という声が聞こえるが、FRBは12月のFOMCでは利上げを決断したがっている。

そもそもFRBは、6月に利上げをするつもりだった。今年3月の声明文で、「can be patient(利上げに対して忍耐強くなれる)」というフレーズを外し、カウントダウンの態勢を整えた。しかし、1~3月期の米国GDP(国内総生産)が期待外れで、6月に利上げができなかった。その後、ギリシャや中国の問題で金融市場が混乱し、9月も見送りとなった。

しかし、この間、米国の労働市場の改善は着実に進んできた。FOMC参加者の金利予想を分析すると、半数近いメンバーが9月の利上げ開始を望んでいた。イエレン議長の発言もよく読めば、年内利上げの意思がにじみ出ている。10月の利上げ決定もありうるが、経済情勢を見極めるには時間が短いため、12月になるのではないか。