一部の批評家たちの意見では、中国の経済上の奇跡はあたふたと終わりを迎えようとしている。リスクの高い投資や政府債務の高い水準が、数十年続いた急速な生産成長にブレーキをかけるというのだ。

ただ、ここ最近ニュースをにぎわせてきた市場変動に、短期的変動以上の意味があるとの見方を信じるべき理由はほとんどない。

実際、中国のGDP(国内総生産)が力強く成長した2010~13年も株価は下落していた。15年前半には株価が揺らぎ始めたが、経済低迷はそれ以前に始まっていた。

この国の労働市場は今も健全で、15年前半に720万人の新しい都市雇用(多くはサービス業)を生み出している。同時に、賃金上昇が力強く続いている。今年の経済成長率は7%を下回るかもしれないが、政府目標の“7%程度”からかけ離れることはないだろう。