使用中止を受け、佐野研二郎氏デザインの五輪ポスターをはがす作業員。その判断には中途半端な処理で事を済まそうという意図がのぞく。(時事)

さて、上司の行動様式の第2のタイプとして挙げられるのが、自分が処理しなくてはならないことをまったくしないか、または中途半端にしかしない人だ。最近起きた、興味深い事例について考察してみよう。

9月1日、デザイナーの佐野研二郎氏が制作した2020年東京五輪・パラリンピックのエンブレムについて、著作権を持つ大会組織委員会が使用を中止して取り下げることを決めた。同日、佐野氏も自ら取り下げる意思を表明するコメントを発表した。そこで佐野氏は「模倣や盗作は断じてしていないことを、誓って申し上げます」と強調した。

それにもかかわらず、佐野氏はエンブレムを取り下げる決断をし