中外製薬がロシュと組んで以降、国内の製薬会社は火がついたように世界展開に動きだした。医療費抑制を背景とした隔年の薬価引き下げで国内は厳しい環境が続く中、伸びしろを海外に求めたのだ。

一つのパターンが、日本企業同士の再編だ。2005年に山之内製薬と藤沢薬品工業が合併してアステラス製薬が発足。続いて三共と第一製薬が経営統合し第一三共、大日本製薬と住友製薬が合併して大日本住友製薬が誕生した。07年には田辺製薬と三菱ウェルファーマが合併して田辺三菱製薬が発足。08年には協和発酵グループとキリングループの経営統合で協和発酵キリンが誕生した。

合併契機にがんに参入 欧米の成長エンジンに