北陸新幹線・金沢開業の盛り上がりに呼応し、敦賀─新大阪間の未定ルートをどうするか、議論が熱を帯びてきた。既存の案は三つだったが、ここに来て新たなアイデアも浮上してきた。

もともとの案は「若狭ルート」「湖西(こせい)ルート」「米原ルート」の三つ(図表1)。8月には与党の検討委員会が初会合を開催しており、2年以内に結論を出す予定だ。いずれもリニア中央新幹線の名古屋─大阪間が開業する2045年より早期の開通を目指す。

[図表1]
拡大する

3案には一長一短がある。福井県小浜市、京都府亀岡市を経由する若狭ルートは、1973年策定の新幹線整備計画に明記された“公式ルート”。富山、石川に続いて、県の全域に新幹線を走らせたい福井県は、当然ながらこの案を推す。もっとも3ルート中、建設延長が最長で、費用も割高なのが難点である。大都市を通らないため、経済効果は最も小さい。