大王製紙の三島工場(愛媛)。CBで調達した資金の一部をこの工場の設備投資に投入する

6月の株主総会での対立以来、膠着していた製紙大手の大王製紙と北越紀州製紙のバトルが、再び燃え上がっている。

発端は、9月1日、大王が転換社債型新株予約権付社債(転換社債、CB)の発行を公表したこと。本誌の取材に対し北越紀州の岸本晢夫社長は、「大王にはCB発行の撤回を要求した。裁判所への差し止め請求も検討中だ」と強い口調で語った。

北越紀州は売り上げ規模で大王の半分程度ながら、大王の発行済み株式の21%を保有する筆頭株主だ。北越紀州にとって大王は持ち分法適用会社、すなわち広い意味でのグループ会社である。

にもかかわらず、両社の間には、資本関係をめぐる争いがここ数年絶えない(図表1)。そうした中、CB発行が火に油を注いだ。

[図表1]
拡大する

CB発行で株価急落