常盤橋再開発の模型を指さす、三菱地所の杉山社長。フロア構成などは検討中だという(撮影:尾形文繁)

「常盤橋は東京の新たなシンボルとなり、日本経済を牽引するプロジェクトとなる」(三菱地所の杉山博孝社長) 

JR東京駅の日本橋口前に広がる常盤橋街区。三菱地所は8月31日、ここに高さ390メートルとなる日本一の超高層ビルを含む、四つのビルを建設する計画を発表した。49万平方メートルのB棟を筆頭として、総延べ床面積は68万平方メートルに及ぶ。都心3区の大規模オフィス年間供給量は約66万平方メートル(1994~2014年平均、森トラスト調べ)であり、今回のプロジェクトはこれに匹敵する規模だ。

東京駅日本橋口の正面 に広がる常盤橋街区 (黄枠線内)。現在は4 棟のビルが建っている(撮影:今井康一)