議論の絶えない国歌「君が代」。近代日本を背負った140年余のその生命力に迫る。

ふしぎな君が代 (幻冬舎新書)
ふしぎな君が代 (幻冬舎新書)(幻冬舎/268ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

──政治と芸術の視点から「君が代」の歴史をひもとくと、新しい理解ができるのですか。

合意が取れていない議論を延々と繰り返すのはあまりに不毛だ。なぜ問題になるのか。一言で言えばこの歌は近代日本そのものなのだ。1869(明治2)年に誕生して、今まで国歌であり続けている。近代日本のいいところも悪いところも象徴している。まず政治と芸術の視点から、知られざる歴史に迫ったらどうか。

──誕生秘話にも定説がありませんね。

明治早々、英国王子の来日で急きょ国歌が必要になる。急場しのぎで、『古今和歌集』の読み人知らずの短歌に鹿児島で愛唱されていた「蓬莱山」の節をつけて間に合わせたというのが、維新の元勲、大山巌の回想を基にした有力説だが、真説とは断定しにくい。

──探究すると説は八つに及ぶとか。