8月後半は人民元の切り下げに、弱い経済指標も加わって、中国経済に対する不安が一気に広がった。

世界の投資家は一斉にリスクを回避する投資行動に出た。グローバル株式市場の時価総額は5月末近くに79兆ドル程度まで拡大したが、8月中旬以降はほとんどの株式市場が急落商状となった。時価総額は世界的に最も株価が下落した8月25日には65兆ドルまで減少した。

市場規模が大きい先進諸国の影響が最大なのはもちろんだが、株価指数の直近最高値からの下落率が40%を超えた上海、深センをはじめ、中南米、アジア、中東など商品市況下落の影響を受けやすい新興国の減少が目立った。

日経平均株価は、6月24日につけた年初来高値(終値ベース)2万0868.03円をピークに8月25日の1万7806.70円まで14.7%下落した。隣国であり、世界第2位の経済大国である中国に対する不安が増大したのは、日本株にとって痛手であった。