民主化以来、中国との関係が変化しているミャンマー。中緬国境はずっと緊張状態が続いており、ミャンマー政府と少数民族の間で停戦合意ができていない地域も多い。3月にはミャンマー軍が、中国系のコーカン族武装勢力と交戦の際に中国領を爆撃、死者が出ている。

北東部の町、ラショーから車で5時間、国境の町ムセに行ってみた。中国側は瑞麗という名前だが、ムセと瑞麗は二つで一つの町だ。往来自由の地元住民が検問所をスイスイ通る一方で、外国人には原則閉じられている。

今回、ミャンマー軍に所属し、国境地区麻薬撲滅活動に取り組んでいる中国系ミャンマー人と出会った。彼はシャン語など少数民族の言葉に長けており、さらには中国語、英語も堪能。先祖は雲南から来た華人だという。検問所のない国境地帯も難なく行き来できる珍しい存在だ。