Part1 3分でわかる郵政上場

(イラスト:三澤祐子)

Q1 いつ上場する? 

昨年末時点では、2015年度央以降の上場が目標だった。仮審査を今年3月に、東京証券取引所への上場申請を6月末に済ませていたことから、「9月上旬にも上場するのでは」とみられていた。

仮審査済みなので本審査は通常より早い1カ月で終了する。その後の公募価格の決定には、通常1カ月かかる。となると、6月末から数えて9月というのは順当だと思われた。だが、実際は遅れている。1.3兆~1.5兆円の大型上場となるうえ、過去に例を見ない親子3社同時上場であることから、上場審査に思ったより時間がかかっているもようだ。

11月前半が有力

8月末現在では、9月上旬に東証が上場を認め、11月前半に日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険の3社が同時上場するとみられている。最有力候補は、上場承認が9月10日、上場が11月4日である。

[図表1]
拡大する

Q2 政府放出株って? 

日本郵政グループ上場が「最後にして最大の政府放出株」といわれるのはなぜだろうか。