せと・たけし●1978年生まれ、北九州市出身。明治大学中退後の2003年に健康コーポレーションを設立。同社社長としてグループ各社を率いる。(撮影:今井康一)

健康コーポレーションの企業イメージがはっきりと定まらないのは事実である。社長の瀬戸健の略歴には最初に「個人事業主としてパソコン教材の販売代行を行う」と記述されている。ライザップをはじめ、展開する事業にも謎が多い。この会社はどのようにしてダイエット市場で時代の寵児になっていったのだろうか。

現在37歳の瀬戸が健康コーポを設立したのは2003年4月。24歳のときだ。900万円の資本金は3歳年上である妻の早苗(創業時から現在に至るまで取締役)と二人で用意した。猛勉強して入学した大学を中退しての起業だった。

本人曰(いわ)く、「実家がパン屋だったこともあり、いずれ自分も起業するとの思いが無意識にあった」。事業については人の役に立つもの、需要があるものをと考えた末に、「健康」にたどり着いたという。

最初に販売したのは大豆の胚芽部分の濃縮サプリメント。しかし、これは売れなかった。そこで実家で作ってもらった特製の大豆クッキーをプレゼントとしてサプリにつけた。