ホコリっぽい中国の工業地帯で、その工場はひときわくすんで見えた。

広東省東莞市厚街の東莞普光液晶顕示。液晶パネルのバックライトモジュールを生産する韓国資本の企業で、韓国サムスン電子のスマートフォン向けに製品を出荷してきた。最盛期は3000人が働いていたというが、記者が訪れた8月中旬には出入りする人はまれ。無理もない。この工場では、韓国人トップが姿を消し操業が停止する「夜逃げ騒動」が起きたばかりなのだ。

1時間ほど待っていると、若い男性従業員がようやく姿を現した。

「6月中旬に会社から『7月は無給休暇だ。8月には仕事があるから戻るように』と指示された。ところが戻っても仕事はなかった。工場はこれから閉鎖になると聞いたが、正式な説明はまだだ」

男性は次の仕事が見つからず、敷地内の宿舎で心もとない日々を過ごしているとぼやく。

サムスンからの発注がなくなった