毎年のことだが、8月15日の終戦記念日が近づくと中国との関係はクローズアップされる。終戦70周年の今年はなおさらだ。中国が対日戦勝記念日と位置づけている9月3日には、北京で大規模な軍事パレードが行われる。それに向け、中国では官製メディアが抗日戦争の回顧キャンペーンを展開中だ。

経済面でも話題は尽きない。7月には上海株が急落。かねて景気悪化が伝えられていただけに、いよいよ中国経済がハードランディングするのかと身構えた人も多いはずだ。

歴史問題や尖閣諸島をめぐって日中関係は緊張をはらむが、東京や大阪の繁華街には中国人旅行客があふれている。「爆買い」は、日本人の中国への意識をかなり変えるだろう。海の向こうの存在でしかなかった中国人が、「お客」として目の前に現れたことのインパクトは大きい。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP