辣腕経営者と無頼派小説家が、共に「心の闇」を抱えながら育んだ互いを畏友とする仲とは。評伝作家がたぐいまれなタッグを組み一時代を画した「合わせ鏡」を描く。──主人公のご両所とは浅からぬ因縁があるようで…