井上ひさし氏は、筆者と米原万里さんが親しいということについて、当初、情報を持ち合わせていなかったようだ。井上氏が米原さんに「すごい本が出た」と言って『国家の罠──外務省のラスプーチンと呼ばれて』(2…