「薬が足りへんやないか!」。大阪府内の薬局に、70代の男性から電話が入った。薬剤師の福井繁雄氏は、足りないと言われた薬を届けようと、男性宅に駆け付けた。男性は湯飲みを10個ほどテーブルにずらりと並べ…