国が積極的に接種を推進したが、疼痛(とうつう)や運動障害などの激しい副反応が大きな社会問題となった子宮頸がんワクチン。厚生労働省からの接種の積極的な呼びかけも中止されたまま。こんな状況では、受ける人…