「昨今の分譲マンションは頑丈だから地震保険に入る意味はない」とよく耳にするが…(写真の建物と本文は関係ありません)(撮影:今井康一)

全国各地で地震が相次いでいる。この国に住むかぎり地震保険はもはや必須だが、「木造はともかく、昨今の分譲マンションは頑丈だ。地震で壊れるなどありえない。地震保険に入る意味などあるのか」と耳にすることもある。実は地震保険の重要性は、分譲マンションでこそ高い。それは、一戸建てにはない特有の問題や課題があるためだ。

住まいは生活の基盤であり、破損したマンションの修繕をいち早く行わなければ、住民の生活再建は始まらない。そこで修繕・再建に向け、住民が越えなくてはならない最初のハードルが「合意形成」だ。

共用部分の修繕に当たり、修繕積立金が十分でなく地震保険の契約もなければ、住民の追加負担が必要となるかもしれない。分譲マンションには家計状況や価値観が異なる複数の住民が居住する。若い世代には多額の住宅ローン返済を抱える世帯もいるだろうし、マンションを失うことのできない終(つい)の住処(すみか)とする年金暮らしの高齢者もいるだろう。