ある流通業の幹部は今の個人消費動向をこう表現する。「蜃気楼消費」。光の異常屈折で、地上の物体が浮き上がって見えたり、遠くの物体が近くに見えたりするのが蜃気楼である。個人消費に関する各指標は回復傾向を…