[上]駅からバスで15分。緑が多く学習環境として申し分ないが…[下右]リバティタワーは今やお茶の水のシンボル的存在に(撮影:大澤 誠)[下左]ボアソナード・タワーに加え、既存校舎の建て替えも進む。(撮影:今井康一)

中央大学の凋落が著しい。2015年の志願者数は、6万9818人と4年連続で減少した。ピークだった11年と比較すると、実に2割減。MARCHの中でもその急落ぶりは目立つ。予備校や大学の関係者にその理由を問うと、たいてい同じ答えが返ってくる。「キャンパスの立地だ」と。八王子市の多摩モノレール沿線、小高い丘の上にあるのが中大多摩キャンパスだ。1978年に中央区神田駿河台から移転してきてはや37年経つが、いまだに「田舎すぎて遊び場がない」とまで学生に言わしめる環境だ。

早慶MARCHの入試合格者は今や6~7割以上が1都3県の出身。自宅通学の学生が多く、アクセスのよさが重要になってきた。中大多摩キャンパスから都心に出るには1時間ほど、神奈川、千葉、埼玉の3県からのアクセスも悪い。ほかの私学よりも首都圏の学生が集まりにくいのが現状だ。駿台予備学校の石原賢一・進学情報センター長は「中大は入試改革にも熱心じゃないし、新しい学部の話もない。都心に土地を購入して、文系学部を戻すべきでは」と指摘する。