かつて「相場の花」と呼ばれた仕手筋が存在感を失って久しい。「仕手株」という言葉が死語になりつつある。背景には、証券会社を通じた監視強化と、ネット取引普及による投資家層の広がりがある。仕手とは「主役」…