安全保障法制案の国会審議が始まった。その冒頭、5月27日に安倍晋三首相は集団的自衛権の行使の際に他国の領域における武力行使の可能性があることを認め、戦時の機雷掃海のみを例外としてきた従来の方針を転換…