『酒』という雑誌を主宰されていた佐々木久子さんが、晩年は私の仕事場近く(東京都目黒区)に住んでおられた。広島県の出身だが江戸出身の私と気が合い、「死ぬまで(『酒』に)連載しとくれよ」と言っていたが、…