やるまいと思えどやはりやっている──。近頃の私の感懐だ。やはりやっているというのは、本や新聞のページをめくるときに指をなめて唾(だ)液(えき)をつけることだ。若い頃、私は“くらしの美学”として、三つ…