筆者が須田桃子氏の『捏造の科学者 STAP細胞事件』(文藝春秋)を非常に高く評価する理由は、須田氏がオフレコで入手した機微に触れる情報を、適切に読者に開示していることだ。マスメディアでオフレコ情報と…