靖国通りからゴジラが見やすいよう、歌舞伎町商店街振興組合がセントラルロードを一新。(撮影:風間仁一郎 )

外国人観光客に加え、これまで見掛けなかったOLまでもが、カメラを手に通りを闊歩する。風俗街として名の知れた、新宿歌舞伎町のセントラルロードが今、にぎわっている。目当ては怪獣「ゴジラ」像である。

ゴジラが居座るのは、4月17日にオープンした、新宿東宝ビル。8階テラスに実物大のゴジラの頭部を擁し、都内最大級のシネコンが入った、東宝の所有するビルだ。

「東宝にとって大切な場所」(島谷能成社長)というこの地は、阪急東宝グループの創業者、故・小林一三氏が1956年に開業した、新宿コマ劇場の跡地である。演歌公演で人気を博し、周辺の映画館と併せ、昭和の娯楽発信地としての地位を誇っていた。

しかし、90年代以降は演歌衰退に伴い、客が減少。劇場を営むコマ・スタジアムは2006年度から赤字続きで08年には閉鎖を決断した。コマ・スタジアムの株主で、隣接する新宿東宝会館の所有者だった東宝が、同社を買収したという経緯がある。