1年前のちょうど今頃、業績は過去最高益を記録し、社内の結束力は高まっていた。それを見た高田明は強い決意を持って、長男で副社長(当時)の旭人と食事を共にした。息子には以前から、経営トップ就任を打診して…