阿刀田 高 作家作家としてデビューしてからというもの、アイデアを求め続けて生きてきました。最近になって、アイデアが必要なのは小説を書くうえでもサラリーマンが製品開発や人事管理をするうえでも同じだろう…